コメント関係

パラメータの設定や、項目の増やし方等
まとめ
single.phpにcomment_template();を挿入
そうするとcomments.phpが呼ばれる
comments.phpの中でコメント表示が行なわれ、さらにcomment_form($args)で入力フォームが呼ばれる
$argsには沢山のパラメータがあり、好みでカスタマイズできる

徹底的にカスタマイズしたい時はフック等を活用
• comment_form_before
• comment_form_must_log_in_after
• comment_form_top
• comment_form_logged_in_after
• comment_notes_before
• comment_form_before_fields
• comment_form_field_{$name} (a filter on each and every field, where {$name} is the key name of the field in the array)
• comment_form_after_fields
• comment_form_field_comment (a filter on the “comment_field” default setting, which contains the textarea for the comment)
• comment_form (action hook after the textarea, mainly for backward compatibility)
• comment_form_after
• comment_form_comments_closed

コメントリストの方だが、階層型にするためにはtwenty-tenか何かのcomments.phpを使って、function内にある
twentyten_comment( $comment, $args, $depth )
関数を引っ張って来る必要があった。

とにかく、コメントリストのカスタマイズをしたい時は、twentyten_comment( $comment, $args, $depth )
をいじれば良いという事だ。
というか、comments.php内の
wp_list_comments( array( ‘callback’ => ‘myComment’ ) );
とともに、myComment()を自作する。その雛形は2010や2011の関数を使うといいだろう。

要は
・リスト
comments_template() -> comments.php / wp_list_comments -> myComment()
・フォーム
comments_template() -> comments.php / comment_form($args)

結構複雑なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です